Touhoku-FtM

東北FtM / GIDに関する情報・記事と東北のGID事情を綴るブログです。山形セクマイ交流会サークル『ばりおす』はこちら→http://ameblo.jp/variously0619/

<< 2013-11- | ARCHIVE-SELECT | 2014-01- >>

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

GIDのお勉強 ~戸籍の性別を変更をするには?~

GIDに関わる法律を、中・高校生でもなるべくわかり易いように解説しています。

今回は戸籍の性別を変更する方法です。



◇戸籍上の性別はどうやったら変えられる?

日本では法律※1で、ある一定の条件をクリアすれば、戸籍上の性別を変更できるとされています。
では、その条件とはなんでしょうか?

条件は、大きくわけて3つあります。


1.法律の定めた『性同一性障害者』であること

性同一性障害はTV、TG、TSなど色々ありますが、"法律上"の『性同一性障害』とは、

・身体の性別は生まれたときからはっきりしているけど、心理的には生まれつきの身体の性別と正反対の性別だ、という人のこと。
・その上、その『反対の性別だ』という確信をずっと持っていて、自分を社会的にも身体的にも、反対の性別に適合させたい(変えたい)と望む人

のことを言います。
法律で性別を変えるには、この『性同一性障害者』でなければなりません
加えて、

・性同一性障害についての専門的な知識と経験を持ったお医者さん二人以上に、「性同一性障害だ」と診断されている

ことが必要になります。



2.条件をクリアしていること

法律では性同一性障害者である人の中で、以下の条件を全部クリアしている人のみが性別を変更する申立※2をすることができます。

(1)20歳以上であること
 (例:19歳→× 20歳→○ 20歳より上→○)

(2)今現在、結婚していないこと
 (例:FtMだけど、女性として男性と結婚している→× MtFだけど、男性として女性と結婚している→× 結婚したけど離婚している→○)

(3)今現在、自分に『未成年(20歳未満)の子ども』がいないこと
(FtMだけど事情があり、今年子どもを産んだ→× MtFだけど事情があり、女性と結婚して今年子どもが生まれた→×)

ただし、子どもが成人(20歳になる)した場合、変更することが可能になります

(4)生殖腺を手術でとるか、ずっと機能しない状態であること


生殖腺とは、男性の身体なら精巣・女性の身体なら卵巣のことを言います。
ですが性別変更のときには女性の身体の場合、子宮も含まれるようです。
『あるのにずっと機能しない』ということはなかなかないことなので、それぞれを手術でとることが条件になります。
まとめると、『男性の身体なら精巣を、女性の身体なら卵巣+子宮を手術でとること』、となります。

(5)変更する性別の性器に似た性器の見た目であること

例えば男性→女性の場合、睾丸と陰茎(ペニス)をなくし、外陰部形成(小陰唇・大陰唇を作る)などの手術で女性器の見た目にする必要があります。

女性→男性の場合は、陰茎を作らなくても性別変更が可能です。
これは男性器を手術で作るのがなかなか難しいこと、ホルモン治療をすると陰核が少しだけ大きくなって、とても小さな陰茎のようになること、などが理由です。※3
男性→女性の場合は、膣を作らなくとも性別変更が可能です。


3.家庭裁判所に申立※2をする

戸籍は、身体を変えただけで勝手に変わってくれるわけではありません。
家庭裁判所※4に、『性別の取扱いの変更』の申立をする必要があります。

申立をするには、必要な書類や資料を、決められた家庭裁判所に提出しなければいけません。
どんな書類が必要なのかは、こちらを読んでみて下さい。

家庭裁判所の審判で、性別の変更が認められれば、自動的に戸籍の性別が変わることになります。



※1
平成15年7月16日法律第111号 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律

※2
この場合は、裁判所に「○○してください!」と申し込むことを言います。
申し込まれた裁判所は、条件や内容から許可する・しないを判断する"審判"というものをしなければなりません。
一定の手続きを経て、後日審判の結果が、申立した人に知らされます。

※3
陰茎を作る手術自体はありますし、することができます。
この場合、手術をした方がしないものよりも戸籍変更が許可されやすくなる可能性は高いでしょう。

※4
家庭裁判所とは、普通の裁判所とは違う専門の裁判所です。大きく分けると家族(結婚・離婚・子どもなど)や戸籍に関する法律問題や、悪いことをしてしまった少年(未成年者)について様々な判断をします。



- てんとう -

| 戸籍関係(名の変更/性別変更) | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。