Touhoku-FtM

東北FtM / GIDに関する情報・記事と東北のGID事情を綴るブログです。山形セクマイ交流会サークル『ばりおす』はこちら→http://ameblo.jp/variously0619/

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

GID関係おすすめ書籍

GID関係の書籍を紹介します。



◎『性同一性障害って何?―一人一人の性のありようを大切にするために (プロブレムQ&A)』
 虎井 まさ衛、他共著

01.jpg

出版社:緑風出版; 増補改訂版 (2011/03)

"性同一性障害とは何か"をQ&A方式で説明したのが本著です。
たとえば「そもそも性同一性障害とは何か」「同性愛とはどこが違うのか」などの初歩的なことから、治療や関係する法律などが解説されています。
比較的わかりやすくいわゆる入門書的な内容ですから、自分がGIDなのか悩んでいる方や、家族や友人にGIDを知って貰う・説明する際に読んで貰ってもいいかと思います。
共著ですが、その中に自身もFtMである虎井まさ衛さんがいます。


◎『ダブルハッピネス』
 杉山 文野著

02.jpg

GID当事者である杉山文野さんの著書。
当事者ならあるあるっていう話題や、杉山さん自身の生き方・考え方等が綴られています。
ジェンダーに関する説明もあるし、文章が軽く分かりやすいので当事者じゃなくても読みやすいかと思います。
文庫本やコミックまで発売されてます。


◎『男になりタイ!私の彼氏は元オンナ』
 竹内 佐千子著
03.jpg

FTMの彼氏とタイに渡り、手術の話から現地でのカルチャーショックな出来事まで面白おかしく漫画で描かれています。余談ですが病院はヤンヒーっぽい。
著者は元々ビアンの方だったそうで。人によってはその時点で「ん!?」と思うかもしれません。著者自身も悩みますが、好きだからいっかというシンプルな結論。個人的には好きです。
ま、今は別れてしまったようですが・・・。


◎G.I.D.実際私はどっちなの!?
 吉井奈々 鈴木健之 著
04.jpeg
出版社:恒星社厚生閣(2012/4/16)

メインはGIDに関してですが、セクシャリティについて割と分かりやすく説明されています。
最終的に決めるのは自分自身でしょうけども、セクシャリティに迷いがあって、明確にしたい人は一つの目安になるのではないでしょうか。
GIDの時代背景など社会的な話題もあります。

| 書籍 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

その他おすすめ書籍

ジェンダー、セクシャルマイノリティに関する書籍を紹介しています。


◎<性>のミステリ- (講談社現代新書)
 伏見 憲明 著

出版社: 講談社 (1997/3/19)

世の中には、生物学的性別である『セックス(sex)』と、社会的な性別の『ジェンダー(gender)』というものがあります。
GIDにとってもジェンダーという問題はなかなかに関係が深いものです。

本著は『ジェンダー』について説明し、また『ジェンダー』とは"男女"二種類だけではなく、多種多様にあるということを教えているものです。
著者はゲイの方で、自身の体験を基に同性愛についても言及しています。

とてもフランクな文章で読みやすいのですが、たまにふざけているような文面からちょっとだけ「信用に欠ける」と思われてしまいそうな点と、GIDに関してはやや語弊があるような説明になっているのが欠点です。
しかし『ジェンダー』というものを知るにはとても良い本だと思い、紹介しました。

| 書籍 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |